トルコリラでサヤ取りを検討中

広告

 

筆者もまだまだ投資初心者なので、いろんな方のやり方を参考にしています。

例えば、あっきんさんスズさん、最近では「すくみ」の提案者SSSさん、ループイフダンのMRMパパさん、仮想通貨のえみさんなど。

皆さんの共通点は、自動売買系に詳しい方たちばかりで、自分のやり方と合っているので参考にさせていただいています(裁量トレード・ミラトレは自分には向いていない)

 

 

その中で、あっきんさんが運用しているトルコリラサヤ取りにチャレンジしてみようと思い、現在勉強中であります。

 

スワップは業界最高水準!トレイダーズ証券「みんなのFX」口座開設は↓

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

サヤ取りとは?

 

サヤ取りとは?
サヤ取りとは、株式などの金融商品において「買い」と「売り」を同時に保有して(両建て)、その2銘柄の価格差(サヤ)の伸縮から利益を狙う投資手法です。

 

一般的に株に用いられる手法のようですが、FXでもサヤ取りの手法は用いられています。

FXサヤ取りで一番ポピュラーなのが、ユーロとポーランドズロチのサヤ取り。

よく似た動きをするペアを買い(ズロチ)と売り(ユーロ)同時に発注し、売買利益を狙うのではなく、どちらかが含み益を持つ事で同じ口座で運用した場合、ロスカット回避になり、スワップ金利で利益を出すという運用方法です。

 

ただしこのサヤ取り投資法は、どちらかというとリスク回避に使われる投資法で、大きな利益は見込めない事から、懸念する投資家さんもいらっしゃるようです。

 

 

 何故トルコリラ

 

では、FXサヤ取りを運用するのに、何故ユーロズロチではなくトルコリラなのか?

答えは単純です。スワップ金利が高いからです。

 

このFXサヤ取りは、先ほども述べたように、売買利益で儲けるやり方ではありません。

っとなると、スワップ金利とマイナススワップの差額で儲けるという事になりますが、そうなると当然スワップ金利が高い方が儲かりますよね。

それと、ユーロズロチの懸念は、同じ動きをすると言っても別々の通貨。絶対はあり得ません。その点、トルコリラを両建てするのであれば、誤差はスプレッドのみとなります。

 

 

具体的な投資方法

 

 前途にも記したように、サヤ取り投資をするのであれば基本は同じFX口座でサヤ取りするのが大前提になってきますが、

そうなると、スワップ金利がマイナススワップを上回っていないと儲からないという事になります。

 

主な会社のスワップ金利
  プラススワップ マイナススワップ
 サクソバンク 123円  ▲151円 
みんなのFX  120円  ▲120円 
 岡三オンライン 120円  ▲120円 
 マネーパートナーズ 110円  ▲110円 
ヒロセ通商 94円  ▲179円 
GMOクリック証券  83円  ▲83円 
FXプライムbyGMO 76円  ▲92円 
マネースクエア 39円  ▲98円 

 

 1社もプラススワップがマイナススワップを上回る会社はございません。

となるとサヤ取りをやる意味がありません…。儲からないのだから…。

 

で、ここであっきんさんのサヤ取りが出てくる訳です。

あっきんさんは、2つのFX会社でそれぞれ買いと売りでサヤ取りされています。

買いの一番スワップが高い会社と、売りの一番スワップが安い会社で同時にトルコリラを売りと買いで通貨を持つという方法です。

この投資法は、通常のサヤ取りと違い、メリットとデメリットがありますが、それは一体どういう事なのか?

 

レバレッジを大きくかけれるメリット

同じ通貨の売買なので、売買損益が出るのはスプレッドだけです。

という事は、多少のリスクを背負っても損はしないという事です。

これがユーロズロチだったら、全く同じ動きになる事はないので、下手したら売りでも買いでも含み損を抱えるという場面も出てくるでしょう。

そうなると、レバレッジを効かせ過ぎていたらロスカットという事態になるので、レバレッジは低くせざるを得ません。

ですが、TRY-TRYなので、どれだけレバレッジかけていてもどっちかは含み損、どっちかは含み益が発生している状態が続くという事です。

 

 では具体的な話をします。

仮に資金は100万としましょう。この資金で売りと買い両方でポジションを持ちます。

となると、片方50万づつの資金となります。

この資金でどのくらいのレバレッジをかけて運用するか?

 

《1TRY=20円の場合》

1倍:500,000 ÷ 20円 = 25,000TRY
2倍:1,000,000 ÷ 20円 = 50,000TRY
3倍:1,500,000 ÷ 20円 = 75,000TRY
4倍:2,000,000 ÷ 20円 = 100,000TRY
5倍:2,500,000 ÷ 20円 = 125,000TRY
8倍:4,000,000 ÷ 20円 = 200,000TRY
10倍:5,000,000 ÷ 20円 = 250,000TRY
15倍:7,500,000 ÷ 20円 = 375,000TRY
20倍:10,000,000 ÷ 20円 = 500,000TRY
25倍:12,500,000 ÷ 20円 = 625,000TRY

 

目的はスワップ金利を受け取って利益を出す事なので、通貨数は多ければ多いほどいいに決まっています。

ですが、軍資金を考えると、せいぜい5倍くらいか…。10倍くらいで勝負してみたいもんですが(笑)

ですが、同じ通貨のサヤ取りであれば、大きくレバレッジをかけても、どちらかで含み益を得れるので、通常のFXよりもリスキーではないという事になります。

 

 

片方の口座がロスカットで早期終了のデメリット 

 

スワップ目的の投資は、利益を出そうと思ったら長期保有が一番利益が出ます。

なので、このサヤ取りも長くやればやるほどスワップが受け取れ儲かるのですが、

何度も言いますが、このやり方は口座が違うので、どちらかがロスカットを喰らう可能性が大です。

 

例えば、同じ口座でドル円を110円時に5,000通貨づつサヤ取りしたとします。

それが、100円まで落ちました。

 

買いポジの含み損:▲50,000
売りポジの含み益:+50,000

 

同じ口座であればプラスマイナス0で、この口座に含み損は発生せず、差額のスワップだけ受け取れます(マイナススワップを上回る会社は無いと思うが)

では、別々の口座だと?

レバレッジ次第では、買いポジの口座がロスカットされサヤ取りは終了となります。

 

これをトルコリラに置き換えると…、通貨が通貨なだけに早期終了も十分あり得るという事になります(笑)

 

 

買いのFX口座

 

では、買いと売り、それぞれどの会社で口座開設した方がいいか?

まず買いですが、ここは当然スワップが高いところに越した事はありません。

…となると、上記の表で一番高いのが、サクソバンク証券の123円になります。

ではサクソバンクで…とはなりません。他にも見なければいけないところは、レバレッジと最低取引通貨量です。

スワップの会社は、このサクソバンクと岡三オンラインのくりっく365と、筆者がすでに口座開設しているトレイダーズ証券のみんなのFXがベスト3。

岡三とトレイダーズは同じスワップなので、今口座があるトレイダーズ証券とサクソバンクを比較しました。

 

 
  サクソバンク証券 みんなのFX
 スワップ金利 123円  120円
レバレッジ  9倍  25倍 
 最低取引量 5,000通貨  1,000通貨 
 スプレッド 3.9銭  1.8銭
 1万通貨あたりの必要証拠金 22,000円  8,000円 
ロスカット 100%以下  100%以下 
未決済スワップ 出金可  出金可

 

 

レバレッジは大きく賭けれるに越した事はありません。仮に下落した場合、サクソバンクとトレイダーズのみんなのFXとでは、ロスカット値が1.4円も変わってくるようです(あっきんさん調べ)

取引量も少ない金額からできるに越した事はないので、みんなのFXの方が優れています。

必要証拠金も少ない方が、余力資金率が上がるので、低いに越した事はありません。

よって、買いポジを持つのなら、トレイダーズ証券のみんなのFXが優れているという事がわかりました(同じトレイダーズ証券のLIGHT FXでもそんなに変わらない)

 

スワップは業界最高水準!トレイダーズ証券「みんなのFX」口座開設は↓

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

 

売りのFX口座

 

次に売りです。

GMOクリック証券が一番安く、10,000TRY/日あたり▲83円。

他にも▲100円 以下の会社もありますが、ここは唯一の80円台のGMOクリック証券でいいと思います。

懸念材料は、最低取引量ですかね…。10,000通貨からしか取引できないので、積立的なサヤ取りは難しいかもしれません…。

 

 

 

シュミレーション

 

ここまで来たらあとは実行のみ!

具体的にはこんな感じになると思います。

 

 

 サヤ取りシュミレーション
  買い 売り
 資金 250,000円 250,000円
通貨数  60,000  60,000
約定値 21.18円  20.82円
 レバレッジ 約5倍  約5倍
 ロスカット 17.72円 24.02円

 

 

仮にトルコリラ=21円の時に、共に6Lotづつポジを持った時のシュミレーションです。

スプレッドも加味し計算するとこのように数値になります。

 

f:id:Odesan:20190218171351p:plain

 

f:id:Odesan:20190218171409p:plain

 

 

これはみんなのFXのHPからシュミレーションできます。

※関連記事:トレイダーズ証券みんなのFXの証拠金シュミレーションでロスカット値を常に把握しておく

 

ですが、17.72円なんてすぐ来そうですね(笑)

なんてったってトルコリラですから(笑)

 

ですが、これがもし奇跡的に(笑)ロスカットを逃れ継続できたら…、

 

《買いスワップ/日》120円 ー 《売りスワップ/日》83円 = 37円

 

この値が、1Lotあたり1日に出るスワップです。

私のシュミレーションからいくと、6Lotあるので、

 

37円 × 6 = 222円

 

 1日に222円。

1ヶ月で6,882円。

 

1年で、81,030円

年利換算で、16%にもなります!

 

さすがはトルコリラです。

そして、この投資の良いところは、たとえロスカットになったとしても大きな損失は被らないというのが一番の魅力です。

損切りを設定しておくのもいいかもしれません(あっきんさんは設定されてます)

 

筆者も、近々始めたいと思います。

その為には、まず今のみんなのFXを何とかしなくては…(笑)

 

スワップは業界最高水準!トレイダーズ証券「みんなのFX」口座開設は↓

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

 

スポンサーリンク