今年を振り返る

広告

 

いよいよ2018年も残すところ今日と明日の2日だけとなりました。

 

今年は何と言っても私の中では「投資元年」と言ってもよい年でした。

今までも、個別株やバイナリーオプションなどの投資はやった事ありましたが、それはいわば小遣い稼ぎ程度の利益しか求めておらず、真剣に投資・資産運用という物に向き合ったのは今年が出発と言えます。

 

そんな「投資元年」の今年を振り返ってみたいと思います。

 

 

 

仮想通貨

 

今年の1月に仮想通貨バブルに乗っかり始めました。

始めていきなり、NEM流出事件が発生しどん底に。その後GWで一旦はプラスマイナス0にまで戻りましたが、その後大暴落。目も当てれない結果で今年は終わりました。

最近ではどの銘柄がどれだけの価値かも見ていない状態です。

 

この1年の流れからするとあまり期待もできませんが、与沢翼さんが「世界株安で来年は仮想通貨に流れがくる」と呟いていました。その言葉に期待するわけではありませんが、私が所有している仮想通貨は全て現物買いの銘柄なので、根気よく上がるのを待とうと思います。

他にもICOに上場していない仮想通貨も所有しているので、その銘柄に少なからず期待を抱いています。

 

 

スワップ投資

 

トルコリラスワップ金利目的の投資を始めたのが今年の4月。

現在は、個人口座と法人口座それぞれにトルコリラを所有しています。

 

法人口座に関しては、8月のトルコリラショックの時にロスカットを喰らいました。

これに関して、ロスカットを喰らった一番の要因は、下落したからではなく、最初に決めたルールを守らず投資した事が一番の要因です。

それを踏まえ、今月から再びトルコリラの投資を始めました。

この投資は、後ほど出てくる「トラリピ」で得た利益の一部をトルコリラの資金に回し、あくまでドルコスト方で投資するというルールの元始めました。キャピタルゲインで得た利益をインカムゲインに回し更なる利回りを得るためです。

 

現在までの結果は、

トルコリラスワップ結果
  投資額 保有 損益 スワップ
個人 ¥199,000  1.8Lot ▲73,764 44,753
法人 ¥103,000 0.8Lot ▲2,647 1,845
合計 ¥302,000 2.6Lot ▲76,411 46,598

 

ここ数ヶ月、トルコリラは安定していますが、またいつ大暴落が来るか心配なので、今度こそレバレッジ2倍以下での投資を心がけ積立ます。

筆者は、トレイダーズ証券の「みんなのFX」で積み立ててますが、毎週月曜と木曜にFX口座に15,000円入金し1,000TRY(0.1Lot)づつ積み立てています。これで積み立てて行って、スワップが溜まったらそれで再び買い増ししていくと、2年後には月11万のスワップが受け取れる計算になります。

関連記事:トルコリラに再投資!2年後までシュミレーションしてみました

 

来年もこれに関しては淡々と積み立てていきます。

スワップは業界No.1!トレイダーズ証券「みんなのFX」口座開設は↓

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

 

トラリピ

 

このトラリピを知るまで、筆者の中でのFXとは「チャートが読めないので勝てるわけがない」「大きなレバを効かせないと勝てない」「すぐロスカット喰らいそう」というイメージしかありませんでした。

ですが、トラリピを始め多くのFX自動売買を知り、明らかにFXへの考えが変わりました。

この投資の良いところは、明らかに利益が出るのが見えるからです。

株や上記の仮想通貨などは、基本上へ…上へ…を目指す者ですが、為替は比較対象の相手がいるのが当たり前です。
米ドル/円なら、1ドルに対する日本円の価値を示すのが為替です。ユーロ/ドルなら…と比較対象がいる事で当然、上下するのが当たり前です。

もう一つは、大暴落と言っても知れています。
先日から大暴落を繰り返している米国株なんかは、今年最高値の半分以下まで価値が下がっていますが、トルコリラショックを起こしたTRYでさえ今年最高値から半分まで価値は下がっていません。

株は投資家が離れれば下落しますが、為替は結局のところ「どの国の通貨を持つか?」なので下落と言っても少しづつ下がって行くのが普通なので、他の投資よりもリスクが少ないと筆者は考えます。

 

そういう事を色々勉強し、自分に一番合ってると思ったマネースクエアのトラリピを7月から始めました。

まず、今年の7月から始めて半年の結果です。

 

2018年合計結果
  約定数 収益 スワップ 含み損
 ユーロ/円 327 342,060
▲73,728
▲252,110
 ユーロ/ドル 289 303,980 ▲102,534
 豪ドル/円 243 254,790 ▲192,350
 リラ/円 20 ▲2,300
合計 879  898,530 ▲73,728 ▲546,994

 

7月に200万の元金から始め、少しづつ設定を増やし、半年で約82万の利益を確保できました

現在の口座状況です。

f:id:Odesan:20181230161024p:plain



 

これだけの利益を出しているにも関わらず、維持率1,358%と抜群に安定しています。

 

自己資金 3,180,000 
収益 824,802 
口座残高 4,004,802 

 

このトラリピに関しては、今後ももっともっと資金を増やしつつ、最終的にはトルコリラ/円、南アフリカランド/円以外のペアを運用していくのが目標です。

今のところ問題なく推移してってるので、来年早々1ペア追加する予定です。

半年で82万の利益を出した筆者の設定は↓の記事で紹介しています。

関連記事:大きな動きが来ても対応できる資金管理を心がける
 

 来年も、このトラリピを軸にやっていくつもりです。

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

  

 

トライオートETF

 

6月から始めたトライオートETF。最初の数ヶ月は素晴らしい利益が出ました。

関連記事:トライオートETFを100万円で運用開始

 

ですが、世界同時株安で今は大変な事になっています。

 

f:id:Odesan:20181230163038p:plain

 

年明けにどのような動きをするかにもよりますが、一旦仕切り直しをしないとダメだとも思っています。

一旦仕切り直して、再度このトライオートETFでやってくか、それともその資金をトラリピや他の投資に回すか…?悩みどころです…。

それでも、一時はものすごいパフォーマンスを見せてくれたのもこのトライオートETFのナスダック100トリプルスリーカードです。

 

2018年合計結果
  収益
6月 0
7月 77,330
8月 5,964
9月 29,561
合計 112,855 

 

現在、ナスダックは大暴落しているので今から始める人は利益が出ると思います。

ですが、始めるにあたり、推奨証拠金の1.5倍で始める事をおすすめします。

設定したら後は放置プレイなので楽なのですが、利確→再度ポジション取を繰り返すので、ちょこちょこ停止→再稼働という手動での設定は必要になってきます。

 

”トライオートETF"のインヴァスト証券の口座開設は↓

トライオートETF

 

 

くりっく株365

 

岡三オンライン証券くりっく株365でイギリスの株価指数「FTSE100」を積み立てて配当金を得るという投資。

関連記事:株価指数CFD

これも今、世界同時株安でお買い得セールが続いています。

 

f:id:Odesan:20181230164342p:plain

f:id:Odesan:20181230165355p:plain

 

筆者はこの大暴落の前に、まずトラリピを安定させたくて一旦身を引きましたが、それが功を奏しプラスで終わりました。

ですが、ここまで下がるとまた再投資を考えています。

この投資の特徴は何と言っても高配当金です。

1FTES100あたり、年間約30,000円もの配当金が得れます。

この投資もレバレッジを効かせての投資になりますが、必要証拠金が26,000円と安くなっています。

f:id:Odesan:20181230165335p:plain


 ですが、15〜20万で1FTSEを買い付けるような方法で投資する事がロスカット防止に繋がります。

この投資もスワップ金利と同じで、インカムゲインでの不労所得になるので、ドルコスト法での積立がおすすめです。

株価指数CFDを始めるのであれば、面倒な為替計算もしなくて良い岡三オンライン証券がおすすめです。

 

岡三オンライン証券 くりっく株365新規口座開設はコチラ
岡三オンライン証券 くりっく株365新規口座開設

 

 

その他

 

上記に挙げたのが主な投資ですが、他にも楽天ポイント投資信託だったり、コツコツポイントサイトのポイントを貯め副収入にしたりと、今後もコツコツとやっていこうと思います。

今年一番学んだのは、投資とは博打ではありません。博打のように少ない資産を何倍にもするという方法は私には向いていません。

来年もこんな感じで、コツコツ稼いでいこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク