大きな動きが来ても対応できる資金管理を心がける

広告

 

ようやく少し動き出しました。私が主として運用しているマネースクエアのトラリピ。

先月・今月とホントに静かな動きでしたが、ここに来て決済通知が連発しています。

 

先週までの今月の結果はこちら。

 

ペア別トラリピ結果
  約定数 収益 スワップ 含み損
 ユーロ/円 28 24,800
▲14,883
▲242,450
 ユーロ/ドル 25 22,495 ▲116,883
 豪ドル/円 55 54,680 ▲150,520
合計 108  87,092 ▲14,883 ▲509,853

 

ドル円が一気に円高に進んだので、先月よりも全体で10万の含み損が拡大しています。

含み損が増えた分、利益も積み上がってないといけないんですが、現在はまだ10万にも届いていない状態。

これは、利益<増えた含み損というあまり良く無い図式になって来ています。

 

今後は、対円ペアに関してはさらに円高が進むことが予想されます。

 

有名トレーダーのKAZMAXさんが、「豪ドル円は72〜3円を目指して下落する」とツイートしています。

他の人が言うと信憑性に欠けますが、彼が言うと何故か説得力を感じます。

 

もしそうなっても良いように、昨日設定を見直しました。

現在の口座状況は↓

f:id:Odesan:20181224103929p:plain

維持率1,300%なのでまずは問題ありません。

 

自己資金 3,180,000 
収益 804,793 
口座残高 3,984,793 

 

 

さてどのように設定を変えたかと言うと、

 

 

EUR/JYP設定
  買い 売り
証拠金 1,200,000円
レンジ 120〜134円 125〜135(10円間)
トラップ幅 0.1円 0.1円 
トラップ数 140 100 
1回の利益 800円 800円
必要証拠金 710,920円 520,200円
全ポジ成立時評価損 ▲973,000 ▲495,000

 

現在円高が進んでいるので、売りは125円より下落した場合はそれ以上追いかけません。もしそれ以上下落するなら、買いでのみ追いかける設定にしました。

 

 

EUR/USD設定
  買い 売り
証拠金 1,200,000円
レンジ 1.10〜1.19 1.10〜1.20
トラップ幅 0.001 0.001 
トラップ数 90 100 
1回の利益 7$ 7$ 
必要証拠金 457,825円 510,472円
全ポジ成立時評価損 ▲444,635 ▲549,549

  

ユーロ/ドルに関しては、売りは1.10まで。それ以上は追いかけません。

 

AUD/JPY設定
  買い 売り
証拠金 700,000円
レンジ 75〜84円 77〜85円
トラップ幅 0.1円 0.1円 
トラップ数 90 80 
1回の利益 800円 800円 
必要証拠金 286,000円 259,360円
全ポジ成立時評価損 ▲400,500 ▲316,000

 

今一番動いている豪ドル円は、売りは77円以下は追いかけません。それ以上下落する場合はハーフ&ハーフの定理に沿って運用して行きます。

 

このように、筆者は毎週末の為替が動かない時に設定を見直し、資金管理をしています。

この2ヶ月はあまり動きがありませんが、それでも運用始めて半年で80万の利益は資産運用としては優秀かと。

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

  

 

 

スポンサーリンク