10月のくりっく株365は売買で2,534円の収益 トータル13,623円の利益

広告

 

先月は、月に1口積み立てていた岡三オンライン証券くりっく株365株価指数CFD)の「FTSE100」を全て決済し、配当金と合わせトータルで13,623円の利益を得ました。

 

f:id:Odesan:20181008155019p:plain

 

 

今はこの投資を一旦やめていますが、トラリピが安定して利益を確保できるようになったら、再度投資しようと思っています。

 

キャピタルゲインで得た利益をインカムゲインに投資し更に安定した副収入を得るためです。

 

 

株価指数CFDとは?

 

f:id:Odesan:20180528225904p:plain

  

株価指数とは?

株価指数(かぶかしすう、英)は、株式の相場の状況を示すために、個々の株価を一定の計算方法で総合し、数値化したものである。狭義には基準値を100または1000とした指数化されたもののみを指すが、広義には平均株価などの指数でない数値のものも含む。Wikipedia参照

 

日本なら日経225(トップ225社)、米国ならNYダウ、 要はその国のトップの会社の株価を平均した様な感じだと思います。

  

CDFとは?

証券CDF(差金決済;Contract For Difference)取引とは、少額の証拠金を預託し、国内外に上場する株式、世界の主要な市場の株価指数株価指数先物、債券先物等の価格を参照し、取引開始時と終了時の価格差により決済が行われる差金決済デリバティブ取引の一種です。

 

1万円の証券を10個取引するのに、10万円も必要がなく、1万円でも10個取引できるという事です。(この場合はレバレッジ10倍)

 

 

配当金で利益を得る

株価なので、安い時に仕込み高くなったら売って利益を得るというキャピタルゲインとしても投資できますが、私の場合はあくまでインカムゲインの投資として考えています。 

株価指数の2017年の年間の配当金です。

2017年の結果(大凡)
 銘柄  回数  金額
日経225 12 33,000
NYダウ 80 51,000
FTSE100 50 28,000

 

これは、日経225なら1つ所有していれば、年間に配当金として33,000円が貰えるというわけです。

 

 

レバレッジを利かせ投資

 

そして、この株価指数CFDの最も大きなところは、レバレッジを効かせて投資できる事。

 

f:id:Odesan:20180528191358p:plain

 

これは、岡三オンラインくりっく株365からのスクショですが、96,000円入金し、日経225を1枚所有していれば、先ほどの配当金33,000円がもらえるという事です。

年利34.3%という、とんでもない数字になります。

少ない証拠金で高い配当金がもらえるのは非常に魅力的です。

 

 

為替相場を無視できる

 

日経225以外は、すべて海外の証券になるので、言ってみたら株価も気にしないといけないし、購入する時の為替も気にしないといけないし…、

そのような心配は無用なのが岡三オンライン証券くりっく株365です。

岡三オンラインくりっく株365なら、日本円で取引可能なので、面倒な為替計算は必要ありません。

 

オススメはFTSE100

 

必要証拠金に対する配当金比率
 銘柄  証拠金  配当金  金利  年利
日経225 96,000  33,000  0  34.3%
NYダウ 106,000  51,000 -58,000  -1.3% 
DAX 54,000  0  -2,700 -5% 
FTSE100 32,000  28,000 -5,000  71% 

 

貰える配当金と、海外のCFDなら所有している期間にかかってくる金利を差し引いたのが利益になるわけですが、 ダントツでFTSE100がいい事がわかります。

 

FTSE100とは?

ロンドン証券取引所LSE)における株価指数で、英国の代表的な株価指数。欧州においても、ドイツのDAXや、フランスのCAC40と並んで、注目度の高い株価指数

 

 

配当金が高いだけでなく、FTSE100の100の会社は、一定の期間で見直されるので株価の特徴である上へ上へを目指しやすい証券という事です。

 

f:id:Odesan:20181107152413p:plain

 

見ての通り、チャートも右肩上がりなので、下落してロスカットしにくい投資先です。

 

 

この投資の狙い

 

この投資は、売り買いで利益を得るキャピタルゲインの投資とは考えていません。

あくまで積立のように投資し、配当金をもらって副収入を得るのが目的です。

投資方法はドルコスト法がオススメです。

 

平均株価が7,500円の時にドン!っと数百万投資し、それが暴落し6,000円になったら、21%ものの含み損が発生します。

いくら配当金目的の投資だとしても、そこまで資産が減ると気持ち的に滅入ります。

 

定期的に1口買う事で、平均した価格で推移する事がロスカット回避につながるので、ドルコスト法が最も良いです。

 

 

具体的な投資方法

 

 

1口最低32,000円の証拠金で買えますが、その証拠金では少しの下落でロスカット喰らいます。

 

では、いくらの証拠金で1口保有するのがいいか?

1口15〜20万が適正です。 

そして、貰える配当金を福利運用していけば、資産は永遠と増えていきます。

 

月に1口FTSE100を購入し福利運用した場合
 年月  所有数  投資額計  配当金計
18/6 1 150,000 1,920
18/7 2 300,000 5,760
18/8 3 450,000 11,520
18/9 4 600,000 19,200
18/10 5 750,000 28,800
18/11 6 900,000 40,320
18/12 7 1,050,000 53,760
19/1 8 1,200,000 69,120
19/2 9 1,350,000 86,400
19/3 10 1,500,000 105,600
19/4 11 1,650,000 126,720
19/5 12 1,800,000 149,760
19/6 14 1,950,000 26,640
 ---途中割愛---
19/10 18 2,550,000 153,360
19/11 20 2,700,000 41,760
20/2 23 3,150,000 168,480
20/3 25 3,300,000 66,480
20/5 27 3,600,000 168,240
20/6 29 3,750,000 73,920
20/8 31 4,050,000 191,040
20/9 33 4,200,000 104,400
20/10 34 4,350,000 169,680
20/11 36 4,500,000 88,800
20/12 37 4,650,000 159,840
21/1 39 4,800,000 84,720
21/2 40 4,950,000 161,520
21/3 42 5,100,000 92,160
21/4 43 5,250,000 174,720
21/5 45 5,400,000 111,120

 

 

このように福利運用していけば、3年後には45FTSE100を所有しています。

 そうなると、3年後に貰える年間の配当金は…、

 

45 × 23,000 = 1,035,000円

 

これが年間の大凡の配当金です。

 

 

 売り買いで神経をすり減すのが苦手な人は、積立感覚で投資する事で3年後の景色が随分変わってくる事は間違い無いです。

 

岡三オンライン証券 くりっく株365新規口座開設はコチラ
岡三オンライン証券 くりっく株365新規口座開設

 

 

 

 

スポンサーリンク