直近1年半のトラリピでロスカットしない余力資金を調べた 〜ポンド/円編〜

広告

 

 

毎度のトラリピ検証記事です。

今日は、ちょっと順番飛ばしで、私が一番今やりたいペア「ポンド/円」の検証です。

直近1年半(2017年5月)の値動きで、どれだけの資金があればやりくりできたか?

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

 

初期投資いくらだとロスカットしたか?

 

この検証は、初期投資をいくらと決めるのではなく、検証結果から逆算します。

まず、売りも買いも常にトラップでポジションを追っかけたとします。

そうすると、直近1年半(2017年5月から)で一番ポジションを多く取った月は、2018年1月の売りポジで、138.7〜156.5円のレンジに、179本のポジションを取った時になります。

0.1円間隔で10本づつのトラップを仕掛けるとするなら、このような設定になります。

 

f:id:Odesan:20180923170239p:plain

f:id:Odesan:20180923170250p:plain

 

このレンジで運用する証拠金必要額は1,121,380円です。

仮に、300万円で運用したら、余力資金は1,878,620円。含み損がこの数値になるまでロスカットは喰わない事になります。

他のペアと比べても、いかにリスクが高いペアかわかると思います。

 

次に、この1年半の実際のトレード実績です。

 

検証のポイント 
・スプレッドはほぼ無視
・売買手数料は0で計算
スワップはそれぞれ1,000通貨1日
 買:+2.2円 売:▲4.7円 × 日数 で計算
・決済トレール無視
・日足レートで計算

 

最初に設定したレンジは以下の通りです。

 

GBP/JPY設定
  買い 売り
レンジ 139〜147円(8円間) 142〜150円(8円間)
トラップ幅 0.1円 0.1円 
トラップ数 80本 80本 
1回の利益 1,000円 1,000円 
必要証拠金額 457,760円 467,360円 

 

現在の私のトラリピ設定とは数値が違いますが、もし去年の5月からやり出したら、このような設定で初めていただろう数値です。

この設定で始め、レンジを超えてもトコトン追うというやり方で、この1年半のチャートを追いました。

 

GBP/JPY結果
  利益 スワップ 差異 含み損
17/5 126,000  +2,898  128,898  ▲149,208 
17/6 191,000  ▲8,595  182,405  ▲312,090
17/7 94,000  ▲8,240  85,760  ▲279,480 
17/8 122,000  ▲1,618  120,382  ▲236,122 
17/9 188,000  ▲16,050  171,950  ▲754,000 
17/10 130,000  ▲16,157  113,843  ▲773,856 
17/11 149,000  ▲18,327 130,673  ▲938,604 
17/12 128,000  ▲18,742  109,258  ▲916,918 
18/1 150,000  ▲23,104  126,896  ▲1,334,242 
18/2 226,000  ▲5,877 220,123  ▲812,020 
18/3 156,000  ▲10,999 145,001  ▲826,116 
18/4 106,000  ▲12,714 93,286  ▲886,340 
18/5 138,000  ▲1,160  136,840  ▲898,154 
18/6 116,000  ▲3,465  112,535  ▲817,670 
18/7 74,000  ▲4,796  69,204  ▲813,212 
18/8 146,000  +337  146,337  ▲941,492 
計  2,240,000  ▲146,609  2,093,391  ▲941,492 

 

 利益も桁違いですが、含み損も桁違いです。

日足で追ってると、1日で2〜3円動く日はザラですし、2017年の9/15なんかは1日で4.5円も上昇しています。

なのでそれに伴い、含み損も一気に膨れ上がっていますが、利益も他ペアとは比較にならない額のリターンがあります。

ハイリスク・ハイリターンペアとはこのペアの事を言うと思います。

 

そして、含み損の最高額が1,334,242円と、ユーロ円よりも大きくなっています。

これは月をシメた時の最高額であって、この月の最高額は約160万と予想できます。

よって、仮に200万円で初めていたとしたら、

 

(証拠金必要額)1,121,380 + (最大含み損)1,593,100 = 2,714,480円

 

18/1どころか、その前の月にロスカット喰らっている計算になります。

 

では、17/5から福利運用していたら?

 

福利運用した場合…
  初期証拠金 累計利益 口座残高 含み損 余力資金
17/5  2,000,000 128,898 2,128,898 ▲149,208 858,310
17/6  2,000,000 311,303 2,311,303 ▲312,090 877,833
17/7  2,000,000 397,063  2,397,063  ▲279,480 996,203
17/8  2,000,000 517,445  2,517,445 ▲236,122 1,159,953 
17/9  2,000,000 689,395  2,689,395 ▲754,000 814,015 
17/10 2,000,000 803,238  2,803,238 ▲773,856 908,002 
17/11  2,000,000 933,911  2,933,911 ▲938,604 873,927
17/12  2,000,000 1,043,169 3,043,169 ▲916,918 1,004,871
18/1  2,000,000 1,170,065 3,170,065 ▲1,334,242 714,443
18/2  2,000,000 1,390,188  3,390,188  ▲812,020 1,456,788 
18/3  2,000,000 1,535,189  3,535,189 ▲826,116 1,587,693 
18/4  2,000,000 1,628,475 3,628,475 ▲886,340 1,620,755
18/5  2,000,000 1,765,315 3,765,315 ▲898,154 1,745,781
18/6  2,000,000 1,877,850 3,877,850 ▲817,670 1,938,800
18/7  2,000,000 1,947,054  3,947,054 ▲813,212 2,012,462 
18/8  2,000,000 2,093,391 4,093,391 ▲941,492 2,030,519

 

 利益がハンパないので、数字だけ見てると、かなりゆとり運用に見えますが、100万の含み損を開始3ヶ月目で抱えたりしたら、200万の初期費用ではロスカットします。

注意点は、累計利益 < 含み損 になったら要注意。

こうなったら、追加資金を考えおいた方がいいです。

ポンド円は、18/1以外の月は、ほぼ同額かそれ以上で推移しているので、このようにゆとり運用になりました。

 

筆者の考えでは、初めに広めのレンジでトラップを仕掛け、そのレンジを超えても追わない方法か、

あらかじめ多めの証拠金を用意し、トコトンまで追うか…。

のどちらかになると思います。

 

私なら後者を選びます。

相場が読めないので、どっちに動いても儲けようと思うなら、後者が何も考えずに追えます。

前者は、それなりの覚悟がいりますし、レンジを超えたら当然利益は発生しませんし、その後上昇(または下落)し続けたら…。

 

ですが、これだけは確かです。

色々なFX自動売買がありますが、このポンド円に関しては間違いなくトラリピが最強でしょう。

その理由は、決済トレールです。

こういうレンジ幅の広いペアは、間違いなく決済トレールが火を噴くでしょう。

私が出した結果以上に、収益が上がることは間違いないです。

 

何にしても、やるにはかなりの覚悟と資金がいるペアだというのがわかっただけで、立派な収穫です。

 

 

GBP/JPY筆者の見解
リ  ス  ク:高
利  益  率:高
スワップ手数料:高
・最低200万、できたら300万の初期費用が欲しい

・利益率が全ペア最強
・ポンド円は決済トレールが火を噴く
・売りポジのスワップには要注意!

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

 

 

 

スポンサーリンク