楽天ポイントで投資信託 〜総裁選も終わったのでサクッと利確〜

広告

 

さっきブログを書いていたら、

自民党総裁安倍総理 3選確定」

という通知が来たので、日経株価を見ると今日は0.01%しか伸びていなかったので、楽天証券の投信を解約しました。

 

f:id:Odesan:20180920175344p:plain

 

5月から2万づつ、計10万分の楽天ポイントで投信を買い、12,286円の利益が出ました。

4ヶ月で12%のリターンなら十分ではないでしょうか?

 

私は、「ひふみプラス」と「楽天日本株4.3ブル」を各5万円づつ楽天ポイントで買いましたが、

ひふみプラスは一時結構な含み損を抱えていましたが、今日でプラスに転じ、楽天日本株4.3ブルに関しては、24%ものリターンを得ました。

しかも、すべて楽天ポイントなので元金は0です。

 

これで一旦口座も空になり、楽天ポイントもまだ十分に貯まっていないので、ここからまたコツコツポイントを貯めて、貯まったら再度楽天証券に投資したいと思います。

 

 

楽天証券投資信託の始め方

 

楽天が提供する楽天ポイントは、楽天市場で買い物したり楽天トラベルでホテル予約をしたり、カードのポイントとは別で貯まって行くものなので、頻繁に利用しポイントを貯めています。

 

 

f:id:Odesan:20180619153806p:plain

 

 

現時点で、75,529pt貯まっています(2018年5月現在)

 

この貯まったポイントで、航空券を買ったりホテルを予約してもいいんですが、

せっかく貯めたポイントなので、うまく福利に生かせないかと思い、楽天証券投資信託を買う事にしました。 

 

去年の10月から始まった、楽天ポイント投資信託が買えるシステム。

 

楽天は将来、「楽天コイン」なる仮想通貨を発行するなんて噂もありますが、

ICOの予定は無く、ただ単に楽天ポイント楽天コインに変わるだけなら、ガチホしているよりも、福利に生かした方が断然いいです。

 

以前私は、楽天証券で株をやっていた事があるので、すでに口座は持っています。

口座を作るのは至って簡単。楽天証券から口座開設を申し込み、手順に沿って手続きすれば、早ければ2〜3営業日後に始めれます。

 

口座開設したら、

 

f:id:Odesan:20180619154348p:plain

 

 「かんたんモード」から入ります。

 

で、何かのアンケートを半強制的にやらされます(笑)

アンケート結果がこれ。

 

f:id:Odesan:20180619154546p:plain

 

次にランキングを見て見ます。

 

 

f:id:Odesan:20180619154652p:plain

 

 

この時は「ひふみプラス」が第一位。第一位は抑えるに超した事はないので、購入。

 

 私はこのランキングの中で、「トータルリターン」が高い銘柄を買う事を心がけています。

 

そこで選んだ銘柄が、楽天日本株4.3倍ブル」という銘柄。

この銘柄、年利67%というパフォーマンスが出ています。

 

f:id:Odesan:20180619155154p:plain

 

f:id:Odesan:20180619155232p:plain

 

 

 

まずこの2銘柄を、毎月2万ポイントづつドルコスト法で積み立てています。

ある程度(10%くらい)含み益が出たら一旦利確し、その利益を再度違う銘柄に再投資、または他の投資に福利運用していきます。

 

 

教訓
楽天ポイントで月に20,000円づつドルコスト方で
・利益が10%出たら利確
・利益は再投資または他投資に福利運用

 

 


 

スポンサーリンク