7月のトラリピシュミレーション結果

広告

 

昨日のトルコリラショックはすごかったですね…。

最終的には17円前半で落ち着きましたが。

 

f:id:Odesan:20180811182358p:plain

 

最安値は…、15.908!

30円平均で所持している人は、レバ2倍でもロスカット寸前まで落ち込んだという事になります。

こんな恐ろしい法定通貨はないでしょう…。

 

スワップは業界No.1!トレイダーズ証券「みんなのFX」口座開設は↓

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

私の場合は、今年の4月からドルコスト法でレバ1.5〜2倍で積み立てているので、まだ耐えれてはいますが、

週明け、再び下落するんじゃ?という書き込みも多く見られるので、ロスカットも時間の問題かもです。

その時は潔く諦める事にします。

 

そのトルコリラショックの影響で、昨日はユーロも落ちました。

なので、トラリピで1日55,000円という利益が出ました。

 

f:id:Odesan:20180811182920p:plain

 

 

含み損は大幅に増えましたが、まだまだ証拠金比率1,100%を維持しているので問題はありません。

利益も、たった10日で84,000円の利益が出ました。

 証拠金200万からスタートしてたったの2ヶ月目でこの結果は、上出来だと思います。

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

 

トラップのポジションも難なく変えていけてるんで、週明けさらに下落しても、ユーロ/ドルなら0.02$まで、ユーロ/円なら2円まで下落しても問題ないです。

それ以上下落するなら、決済で開いた上のポジションを下に持ってくればいいだけなので、それも問題ないです。買いの含み損は膨れ上がりますが、売り決済で得た利益をそのまま口座に反映させておけば、何ら問題はありません。

 

このトラップのポジションチェンジ。

 

f:id:Odesan:20180713192002p:plain

 凄く簡単にポジションチェンジできる方法を見つけたので、今度書いてみようと思います。

やはり相場が読めない私は、両建てで行くのが一番だというのがよーくわかりました。

 

 

先月から実践しているトラリピなんですが、実践とは別にシュミレーションはこのまま続けていこうと思います。

まだまだ5ペアを運用する資金もありませんし、まず自分で検証し、確信を持てる結果を得てから完成型に入っていっても遅くはありません。

 

 

7月トラリピシュミレーション結果

 

以下の設定は無視しています
売買手数料無視
スプレッド無視
ポジ取った日の利確無視
スワップ金利無視
決済トレール無視
日足レートで計算

 

 このシュミレーションの設定は、以下の記事の通りです。

 

www.1100day-pj.com

 

  

7月のシュミレーション結果
  1,000×0.1幅 2,000×0.2幅
  利益  含み損 利益  含み損
ドル/円 42,000  ▲46,576 36,000 ▲51,008
ユーロ/円 55,000 ▲46,640 52,000  ▲49,460 
豪ドル/円 39,000 ▲35,428 46,000  ▲37,656 
ユーロ/ドル 46,200 ▲41,492 47,300  ▲39,996 
豪ドル/ドル 22,000 ▲37,950 39,600  ▲40,040 
合計 204,200  ▲208,086 220,900  218,160

 

 7月は円安傾向にあったので、ドル円のパフォーマンスがよかった月でした。

ですが、他のペアは至って大人しい月だったといえます。

 

7月のようにあまり動きがない月は、2,000通貨で利確幅を半分にした方が、利益が出るというのもこのシュミレーションでわかりました。

実際、統計を取り始めて、2,000通貨利確幅狭が上回ったのは、先月が始めてです。

 

3ヶ月統計
   1,000通貨  2,000通貨  含み損
ドル/円  120,000 118,000 ▲51,008
ユーロ/円  288,000 216,000  ▲49,460
豪ドル/円  166,000 149,000  ▲37,656
ユーロ/ドル  206,800 181,500  ▲39,996
豪ドル/ドル  81,400 107,800  ▲40,040
合計  862,900 772,300 218,160

 

 まだ研究段階ではありますが、豪ドル/米ドルは2,000通貨での運用もありかもしれません。

より的確に、そのペアの特徴を掴むには、まだまだ研究が必要だとわかりました。

 

引き続き、このデータはとり続けていきます。

 

 

教訓
通貨の大小、利確幅の大小の相性はペアによって様々
急な下落(上昇)にはポジションチェンジが必要
利益を求めるならリスク覚悟で
一方通行にならずすくみを持たせる
各ペアの特徴を掴みより的確な設定を取得する

 

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア 

スポンサーリンク