トラリピのユーロ/円のトラップチェンジをしてみた

広告

 

 

週明けから、ユーロ/円の円安が進んだので、これを機に注文していてまだ約定していないトラップを変更(チェンジ)してみました。

 

f:id:Odesan:20180717190801p:plain

 

 

今の設定は↓

 

EUR/JPY設定
  買い 売り
証拠金 600,000円
レンジ 125〜133円(8円間) 128〜136(8円間)
トラップ幅 0.2 0.2 
トラップ数 40 40 
1回の利益 1,000円 1,000円 
レバレッジ 15.08倍 15.44倍 
ロスカット 120.57円 140.33円 

 

 

まぁ、133円超えても売りトラップにかかるので全然大丈夫なんですが、慣れるためにもやっておいた方がいいと思い、これを機にやってみました。

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

 

まず、変更する点。

 

 

買いイフダン
125〜125.8円 → 133.2〜134円

売りイフダン
128〜128.8円 → 136.2〜137円

 

 

 

まずは、マネースクエアにログインし、

 

 

f:id:Odesan:20180717191409p:plain

 

指値(修正・取消)をクリック。

 

f:id:Odesan:20180717191541p:plain

 

注文の入っているトラップがずらっと出てくるので、

通貨ペアを「EUR/JPY」に、修正/取消の「修正」を選んで、

 

f:id:Odesan:20180717191730p:plain

 

修正したいトラップにレ点をつけ、

 

f:id:Odesan:20180717191811p:plain

 

一番下の修正ボタンを押すと、

 

f:id:Odesan:20180717191908p:plain

 

次の画面で、修正する値を入れ、

 

f:id:Odesan:20180717191953p:plain

 

 

「確認する」を押すと、

 

f:id:Odesan:20180717192042p:plain

 

 

「注文価格は131.90以下で入力してください」と、エラーメッセージが…。

 

 

 何度やっても同じメッセージしか出てこないので、マネースクエアに電話し聞こうかと思いましたが、すでに受付を終了している時間だったので、諦めて違う方法で変更することに。

 

f:id:Odesan:20180718131538p:plain

 

トラップ値を変えたいトラップにレ点をつけ、「取り消す」を押し、再度設定し直しました。

 

f:id:Odesan:20180718131717p:plain

 

f:id:Odesan:20180718131751p:plain

 

これで私の設定は以下のようになりました。

 

 

 

EUR/JPY設定
  買い 売り
証拠金 600,000円
レンジ 126〜134円(8円間) 129〜137(8円間)
トラップ幅 0.2 0.2 
トラップ数 40 40 
1回の利益 1,000円 1,000円 
レバレッジ 15.08倍 15.44倍 
ロスカット 121.57円 141.33円 

 

 

トラップを1円上にずらしたような感じです。

 

 

ですが、マネースクエアの人は、「決済トレールを設定するとトラップ値の変更はできない」とおっしゃってましたが、決済トレールを設定していなくても変更できる幅が決まっているなら全く意味がないので、今後の注文は決済トレールありの設定にしていこうと思います。

 

その後、予想通り132円まで上昇しましたが、今はまた下落し131.5円付近です…。

トラップチェンジしてよかったのか、悪かったのか…。

 

ですが、予行練習になったので、今後急な値動きの時のために慣れていこうと思います。

 

 

教訓
・トラップチェンジは小まめに
・変更値は上限がある
・変更する際は一度取り消し再度設定し直す
・決済トレールは設定すべし

 

 

”トラリピ”でお馴染みのマネースクエア口座開設は↓

マネースクエア

 

 

 

スポンサーリンク